Home > 2011年11月

2011年11月 Archive

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

一陸技_第1回_電位の問題

第一級陸上無線技術士(一陸技)の基本的な問題(無線工学の基礎)で出るレベルの問題を書いていきます。

クーロン力って聞いたことありますか?
ドラゴンボールのウーロンじゃなくて、クーロンです。クローンでもありません。

問題集としては、以下のようなものがあります。

合格精選300題 第一級陸上無線技術士試験問題集合格精選300題 第一級陸上無線技術士試験問題集
(1998/10)
吉川 忠久

商品詳細を見る

第一級陸上無線技術士試験問題集〈第3集〉―合格精選340題第一級陸上無線技術士試験問題集〈第3集〉―合格精選340題
(2009/02)
吉川 忠久

商品詳細を見る

図に示すように、真空中でr「m」離れた点aおよびbにそれぞれ点電荷Q[C](Q>0)が置かれているとき、点aおよびbの中点cと、cから線分abに垂直方向に3r/8[m]離れた点dとの電位差の値を求めよ。
真空の誘電率をε0[F/m]とし、1/4πε0=kとする。
第1回

解説
問題文が若干ややこしい書き方をしていますが、要は点cと点dの電位差であるVcdを求める問題です。
ad間とbd間は同じ長さで、それを求める。
点aと点bの電荷によって点dに発生する電位Vdを求める。
点aと点bの電荷によって点cに発生する電位Vcを求める。
最後にVc-Vdを求めれば、これが答えとなる。

単純と言えば単純な問題ですが、クーロンの法則って何でしたかね?

Continue reading

今の時期に実施されたり申込できる有名な国家試験

まず、行政書士国家試験が11月13日(日)に実施されます。
本日が10日ですので3日後ですね。
建築施工管理技士(2級)や 電気工事施工管理技士(2級)も13日に実施されます。

実施される試験を見ていっても受験申し込みをしてないから意味ないでしょうから、今からでも申し込みが出来る有名な資格を紹介してみます。

Continue reading

Index of all entries

Home > 2011年11月

注目ワード
厳選参考書
『エネルギー管理士 過去問題集』
平成22年までの解答を収録
つまり、2011年(平成23年)試験対策
エネルギー管理士電気分野模範解答集〈平成23年版〉 エネルギー管理士電気分野模範解答集〈平成23年版〉
(2010/10)
エネ管問題研究会

商品詳細を見る
エネルギー管理士熱分野模範解答集〈平成23年版〉 エネルギー管理士熱分野模範解答集〈平成23年版〉
(2010/11)
橋本 幸博、細谷 昌孝 他

商品詳細を見る
『電験三種 過去問題集』
平成21年までの解答を収録
電験第3種模範解答集〈平成22年版〉 電験第3種模範解答集〈平成22年版〉
(2009/11)
電験問題研究会

商品詳細を見る
陸上無線技術士の参考書
日商簿記参考書
日商簿記2級の商業簿記の勉強用に購入した参考書です。
スッキリわかる日商簿記2級 商業簿記 (スッキリわかるシリーズ)
スッキリわかる日商簿記2級 商業簿記 (スッキリわかるシリーズ)
FC2カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック

Return to page top

キャッシングユーザーレビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。