Home > 2009年01月

2009年01月 Archive

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

高圧ガス製造保安責任者(甲種化学・甲種機械・第一種冷凍機械)

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
資格概要
高圧ガス保安法では高圧ガスの製造事業所の保安を確保するために一定の知見と経験を有する者を配置し保安監督を行わせることとしています。このため、高圧ガス製造事業所の保安を確保するために必要な知識の修得を図ることを目的として、製造保安責任者試験を実施しています。 試験は高圧ガス保安協会試験センターが実施していて、年1回実施される。

資格取得方法
①「国家試験による取得(全科目受験)」
  毎年1回行われる国家試験に合格する。
②「国家試験による取得(一部の科目の免除)」
  高圧ガス保安協会が行う講習の課程を修了した(技術検定に合格)してから国家試験に合格する。

受験資格
受験資格は特になく、誰でも受験することができます。

職務範囲
【甲種化学・甲種機械責任者】
石油化学コンビナート等高圧ガス製造事業所において、製造に係る保安の統括的な業務を行う方に必要な資格で、高圧ガスの種類及び製造施設の規模についての制限はありませんので、 保安技術管理者、保安主任者及び保安係員に選任され、全ての製造施設に関する保安に携わることができます。 高圧ガス製造保安責任者の最高峰資格です。

【第一種冷凍機械責任者】
主に大型冷凍空調機器を備えている施設、冷凍倉庫、冷凍冷蔵工場等において、製造(冷凍)に係る保安の実務を含む統括的な業務を行う方に必要な資格で、全ての冷凍(1日の冷凍能力に制限はありません。)の製造施設に関する保安(冷媒ガスの種類の制限はありません。以下第二種冷凍機械責任者免状・第三種冷凍機械責任者免状においても同じです。)に携わることができます。

試験科目/合格基準
【甲種化学、甲種機械、第一種冷凍機械】
法令(五肢択一式)、保安管理技術(五肢択一式)、学識(記述式)
合格基準は各科目とも満点の60%です。
※高圧ガス保安協会が行う講習の課程を修了した場合は法令だけの受験です。

申込期間
講習 → 詳しくは、高圧ガス保安協会へ
国家試験 → 8月下旬~9月上旬頃

講習/試験日
講習(甲種化学・機械) → 4月下旬頃(全国10ヶ所) 3日間
講習(第一種冷凍機械) → 5月頃(全国5ヶ所) 3日間
国家試験 → 11月第2日曜日

受験料
講習(甲種化学・甲種機械、第一種冷凍機械) → 20,500円(ネット)、21,100円(書面)
国家試験(甲種化学・機械・第一種冷凍機械) → 12,400円(ネット) 13,000円(書面)

合格発表
甲種化学・甲種機械・第一種冷凍機械 → 1月下旬頃

伊藤忠グループのFXプライム

甲種ガス主任技術者

1.ガス事業者の保安監督(ガス主任技術者試験実施の目的)
ガス事業者は、ガス事業法第31条第1項の規定により、ガス主任技術者免状の交付を受けている者であって、 経済産業省令で定める実務経験を有する者のうちから、ガス主任技術者を選任し、事業場ごとにガス工作物の工事、 維持及び運用に関する保安の監督をさせなければなりません。

2.ガス主任技術者免状の種類と監督の範囲
ガス主任技術者免状の種類(甲種、乙種及び丙種の3種類)に応じてガス工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督をすることができる範囲は、ガス事業法施行規則第37条の規定により、次のとおりとなっています。
(1)甲種ガス主任技術者免状 ガス工作物の工事、維持及び運用
(2)乙種ガス主任技術者免状 最高使用圧力が中圧及び低圧のガス工作物並びに特定ガス発生設備等に係るガス工作物等の工事、維持及び運用
(3)丙種ガス主任技術者免状 特定ガス発生設備に係るガス工作物の工事、維持及び運用

3.ガス主任技術者免状の取得要件
ガス主任技術者の免状を取得するためには、ガス主任技術者試験に合格した者又はガス主任技術者試験に合格した者と同等以上の知識及び技能を有していると経済産業大臣が認定した者でなければ取得できません。 (注)平成12年10月1日からの免状交付申請にあたっては、実務経験が不要になりました。

4.試験の実施
ガス主任技術者試験は、甲種、乙種及び丙種ごとに、ガス工作物の工事、維持及び運用に関する保安に関して必要な知識及び技能について、毎年1回行います。

第一級陸上無線技術士とは

1.申請の受付
7月期(平成21年5月上旬~5月下旬)
1月期(平成21年11月上旬~11月下旬)

2.平成21年度試験の日程・試験科目
第一級陸上無線技術士 7月期(平成21年7月下旬の2日) 1月期(平成22年1月下旬の2日)
第二級陸上無線技術士 7月期(平成21年7月下旬の2日) 1月期(平成22年1月下旬の2日)

1日目
9:30 無線工学の基礎 2時間30分
13:00 法規 2時間30分

2日目
9:30 無線工学A 2時間30分
13:00 無線工学B 2時間30分

3.試験地
東京都、札幌市、仙台市、長野市、金沢市、名古屋市
大阪市、広島市、松山市、三豊市、熊本市、那覇市など
(舞鶴市・福岡市)

4.試験問題の形式
多岐選択式

5.受験手数料
第一級陸上無線技術士:13,950円  第二級陸上無線技術士:11,850円

6.合格率
第一級も第二級も10~15%くらい

Index of all entries

Home > 2009年01月

注目ワード
厳選参考書
『エネルギー管理士 過去問題集』
平成22年までの解答を収録
つまり、2011年(平成23年)試験対策
エネルギー管理士電気分野模範解答集〈平成23年版〉 エネルギー管理士電気分野模範解答集〈平成23年版〉
(2010/10)
エネ管問題研究会

商品詳細を見る
エネルギー管理士熱分野模範解答集〈平成23年版〉 エネルギー管理士熱分野模範解答集〈平成23年版〉
(2010/11)
橋本 幸博、細谷 昌孝 他

商品詳細を見る
『電験三種 過去問題集』
平成21年までの解答を収録
電験第3種模範解答集〈平成22年版〉 電験第3種模範解答集〈平成22年版〉
(2009/11)
電験問題研究会

商品詳細を見る
陸上無線技術士の参考書
日商簿記参考書
日商簿記2級の商業簿記の勉強用に購入した参考書です。
スッキリわかる日商簿記2級 商業簿記 (スッキリわかるシリーズ)
スッキリわかる日商簿記2級 商業簿記 (スッキリわかるシリーズ)
FC2カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック

Return to page top

キャッシングユーザーレビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。